読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くもまもの

十二獣!? 破壊したはずでは・・・

〜真・恐竜族〜


スポンサードリンク

f:id:Cloudian:20170123110958j:plain
みんな!オレは遊戯王GXに登場するキャラクター、ティラノ剣山だドン!デュエルアカデミア・ラーイエローの生徒ザウルス。 
名前通り、恐竜族のカードを使うドン。






f:id:Cloudian:20170123113419j:plain
20170130222128





f:id:Cloudian:20170123113943j:plain




という訳で今回は、2月25日発売の『ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-』で更なる進化を遂げる【恐竜族】についてです。



目次






そもそも今までの恐竜って?

恐竜族といえば、あらゆる方法で《エヴォルカイザー・ラギア》《エヴォルカイザー・ドルカ》に繋げる【レスキューラギア】、そこにヴェルズも混ぜた【ヴェルズラギア】などが一般的でしたが、時代とともに消えちゃいました。まさに恐竜。



ストラク恐竜たち

20170130214922
〜華やかな看板で高揚感を〜



そんな化石状態だった恐竜が、優秀な新規カードをぶら下げて蘇りました


20170130222717
《魂喰いオヴィラプター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。




「たまぐいオヴィラプター」って読むそうです

遊戯王の根幹とも言えるサーチ・おろ埋・蘇生を1枚でこなせる最強の存在。打点も1800と充分。



テラナイトのデネブ、ウヌク、アルタイルが合体したようなイメージ
20170130221450



レベル指定も無いので、あらゆる恐竜をサーチorおろ埋できる革新的なモンスター。恐竜族における潤滑油として活躍が期待できますね




f:id:Cloudian:20170123224358j:plain
《怒炎壊獣ドゴラン》もサーチできます。 邪魔な置物を突破しましょう




微妙?と思われる(2)の蘇生効果は、後述するロストワールドってカードとの相性が抜群です





f:id:Cloudian:20170123214130j:plain
ロストワールド
フィールド魔法
(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。 相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する
(3):相手フィールドにトークンがある限り、 相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる



恐竜以外が500下がります。
実質的に恐竜が500アップする感じですね


20170130222720
・・・・・。




特記すべきは(4)の破壊身代わり効果。


(2)で特殊召喚したトークンを攻撃、あるいは破壊しようとすることで、デッキ内の恐竜族を破壊できます。



ここで破壊して旨みのある恐竜族が、またもや新規《プチラノドン》
f:id:Cloudian:20170123225608j:plain
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。



もう1枚は既存のカード 《ベビケラサウルス》
f:id:Cloudian:20170123225734j:plain
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、 デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。



といった辺りです。纏めると
20170130213949



ベビケラサウルスは『レベル4以下』、プチラノドンは『レベル4以上』なので間違えないように。




これにより、ロストワールドでデッキ内の《ベビケラサウルス》《プチラノドン》を破壊することで、更なる展開が可能となります。

オヴィラプターを優先して出したいですね



また、プチラノドンでリクルートしたモンスターはそのターン殴れない為、ベビケラを終盤に備えて温存しておくことが重要です






(3)はトークンが居る限り、相手はトークン以外のモンスターを対象に取れなくなります。



十二獣ドランシアなどでトークンを剥がそうとすれば、(4)の破壊身代わり効果で、そのトークンを守るといったことも可能です



ともあれ、ドランシアでロストワールド自体を割られることもあるので、オマケ程度の効果ですね




また、前述した《魂喰いオヴィラプター
20170130222717


とのコンボとして、

  1. オヴィラプター召喚
  2. 相手フィールドにトークンが出る
  3. オヴィラプターの(2)の効果でトークンを破壊
  4. 破壊の身代わり効果で、デッキの《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》を破壊
  5. オヴィラプターで対象にしたトークンは破壊されなかった為、「その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する」の処理は行われない(裁定次第)
  6. 破壊した《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》の効果が発動し、恐竜族をリクルート



20170130221451

このような動きが出来ます。



この動きの強い点は、殴れない先攻1ターン目でも、ロストワールドの破壊身代わり効果を使えるところです



また、レベル4恐竜が並ぶので《エヴォルカイザー・ラギア》《エヴォルカイザー・ドルカ》を容易にエクシーズ召喚できます




続いて

f:id:Cloudian:20170123233759j:plain
《究極伝導恐獣》
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。



パッケージモンスター。「アルティメットコンダクターティラノ」ですって。強そう

墓地の恐竜2体を除外して特殊召喚と、召喚条件もかなり緩いですね



効果全てが連動しており、

(1)で相手を全て裏返し、
(3)で安全に除去&バーンして、
(2)で全モンスターに殴る


と捲り性能が異常に高い、恐竜というかゴリラみたいなカード。

レベルめちゃくちゃ高いですが、《魂喰いオヴィラプター》で簡単にサーチできます


打点が3500もあるので、貫通効果を付与できれば、ワンキルまで持ち込むことも可能ですね



更に、(1)の効果で破壊するモンスターを
20170130213949

にすることで、更なる展開が可能となります



また、裏側にする効果はメイン限定のフリーチェーンなので、捲りカードとしても、制圧カードとしても利用できます





f:id:Cloudian:20170124144403j:plain
《生存境界》
通常罠
(1):フィールドの通常モンスターを全て破壊し、 破壊した数までデッキからレベル4以下の恐竜族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの恐竜族モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。



(1)の効果はロストワールドトークンを破壊してねって効果。『全て破壊』なので、3体破壊しようとすれば、ロストワールドによりデッキ内の恐竜を3枚破壊できます


しかし、重要となる(2)の効果を最大限に活かすため
f:id:Cloudian:20170124130758j:plain
すっかりおなじみ《おろかな副葬》で落としておくと便利。


ベビケラサウルスプチラノドン
20170130213949

を破壊することで、バックなどを剥がしながら展開できます



*その他

新規カードは以上です。発売が近づくにつれ、また判明するかも


ここからは相性の良い既存カードを紹介していきます。




f:id:Cloudian:20170124131445j:plain
《幻創のミセラサウルス》
星4/炎属性/恐竜族/攻1800/守1000
「幻創のミセラサウルス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。
(2):自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。


記憶に新しい人もいるかもしれません
レイジングテンペストに収録されていた恐竜族です


自分・相手のメインフェイズに手札から投げると、投げたフェイズの間は、場の恐竜が一切の効果を受けなくなります。


更にそのフェイズの間なら、後から場に出た恐竜族も耐性が付き、前述のオヴィラプターや究極伝導恐獣も安全に通すことができます

メインフェイズにしか使えませんが、流行りの【真竜】への対策にもなりますね



f:id:Cloudian:20170124143047j:plain
※ラギア、ドルカは進化しすぎてドラゴン族なので非対応



重要なのは(2)の効果。
・このカード含め2枚除外すれば《プチラノドン》《ベビケラサウルス》リクルートでき、


・ミセラサウルスのみ除外すれば、恐竜族唯一のレベル1
f:id:Cloudian:20170124141739j:plain
《ジュラック・アウロ》
チューナー
星1/炎属性/恐竜族/攻 200/守 200
このカードをリリースして発動できる。 自分の墓地から「ジュラック・アウロ」以外のレベル4以下の 「ジュラック」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。



リクルートできます。チューナーなので展開の幅が広がりますね



また、ミセラサウルス含め4枚を除外すればオヴィラプター
20170130222717
リクルートしたり、




f:id:Cloudian:20170124142143j:plain
恐竜族でおなじみ《ディノインフィ二ティ》
星4/地属性/恐竜族/攻 ?/守 0
(1):このカードの元々の攻撃力は、 除外されている自分の恐竜族モンスターの数×1000になる。



リクルートでき、尚且つ4枚除外しているので4000打点になります。終盤でのゴリ押し役ですね


《究極伝導恐獣》の召喚条件として墓地の恐竜を2体除外するので、より打点を上げることも出来ます




・1つの動きとして、オヴィラプター《究極伝導恐獣》から

オヴィラプター召喚→ミセラサウルスを墓地へ送り効果発動→前述のレベル1チューナージュラック・アウロリクルートし、《SRチャンバライダー》シンクロ召喚→オヴィラプターとアウロを除外して《究極伝導恐獣》特殊召喚

すると2回攻撃+打点上昇のチャンバライダーと究極伝導恐獣による計8100ダメージを与えられ、この動きならばオヴィラプター究極伝導恐獣だけでワンキルができます。覚えておいて損は無いですね(ジュラックアウロ採用型に限り)







f:id:Cloudian:20170128135439j:plain
《シュルブの魔導騎兵》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1500/守1800
【Pスケール:青3/赤3】P効果なし
【モンスター効果】
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、 Pモンスター以外のモンスターが発動した効果を受けない。


レベル4であり、ドランシアをサクッと除去出来ますね
マスターPの効果も受けず、あらゆる方法で持ってくることができます





f:id:Cloudian:20170126213812j:plain
《ジュラック・ヴェルヒプト》
シンクロ・効果モンスター
星5/炎属性/恐竜族/攻 ?/守 ?
チューナー+チューナー以外の恐竜族モンスター1体以上
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのシンクロ素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
また、このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、 ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊できる。



前述の動きで出せる、唯一の恐竜族シンクロモンスター

ただ、他のレベル5シンクロモンスターを出すことも可能なので、「恐竜族」という差別化(ミセラサウルスや究極伝導恐獣のコスト、ディノインフィニティの打点上昇など)を図る以外の使い道は無さそうです。






f:id:Cloudian:20170124144239j:plain
《化石調査》
通常魔法
(1):デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。

特に言うこともありませんね。オヴィラプターを経由できるので、実質何でもサーチできます



《テラ・フォーミング》
オヴィラプターロストワールドのコンボに繋げる為に、

・オヴィラプター+化石調査
ロストワールド+テラフォ

と6枚体制にする事で、非常に安定します。




f:id:Cloudian:20170203134111j:plain
《ジュラエッグトークン》
トークン。かわいい。






《エヴォルカイザー・ラギア》
f:id:Cloudian:20170124173107j:plain




《エヴォルカイザー・ドルカ》
f:id:Cloudian:20170124173127j:plain



言わずもがな【恐竜族】における切り札。

それぞれ神の宣告(1発)と天罰(2発、ターン制限なし)を持っており、究極伝導恐竜と並べることで、より拘束力を強めることができます





総評

エヴォルやジュラックとかいう不憫なテーマしか居なかった恐竜族も、かなり強く立ち回ることが出来ますね。

全体的に打点が高い為、純粋にパワー負けすることは無いかと。



そして思ったのですが、十二獣との相性がめちゃくちゃ良いです(会局ドランシアでベビケラ・プチラノを破壊、カグツチの墓地肥やし、アマテラスの帰還効果などなど)



また《ドラゴニックD》でもベビケラ・プチラノドンを破壊でき、テラフォーミングも共有できるため【真竜】との相性も良いですね

時間があれば【十二獣恐竜】や【真竜恐竜】なんてのも考えたいです。



新規カードが判明すれば、また書いていこうと思います。


ここまで読んで頂き、ありがとうございました!



ブログランキングに参加しています。宜しければクリックお願いしまっす