くもまもの

くもまものって言うんですけども

アグロな新リバーステーマ【ティンダングル】について




こんにちは。

制限改訂が発表されましたね。真竜・恐竜は何となく予想していましたが、抑止力としての増Gまでもが準制限の形で規制されたのは想定外でした。SPYRALは誰にも止められず、連休前の金曜日の如く荒れ狂い、狂喜のカーニバルと化すのでしょうか。楽しみです。楽しみじゃありません。




さて、そんなこんなで色々ありますが、新弾『EXTREME FORCE』
f:id:Cloudian:20170918141619j:plain:w200
10月14日(土)発売予定です。



その中で公開された新テーマ【ティンダングル】、触っている内に色々分かってきたので解説したいと思います。よろしくお願いします





目次








テーマの特徴


・全て闇属性・悪魔族で統一


・テーマ内のモンスターはレベル3~7+リンクモンスター1体。レベル5とリンクモンスター以外は全てリバースモンスタークローラー…お前…


・共通効果を持ちません。それぞれが異なる効果であり、一部はリバースに加えて別効果も備わっているためハイスペック感があります。



・墓地利用が大量にあるので、墓地肥やしと相性が良いです。


・モンスター以外のサポートは永続魔法、フィールド魔法、通常罠の計3種類。

現代遊戯王らしく墓地効果が備わっています。後述しますが通常罠の墓地効果が恐ろしく強いので、デッキ構築において非常に重要となります。





各カード解説

まず前述した通常罠とリンクモンスター、加えてテーマ内でも汎用性の高いものから解説していきます。



f:id:Cloudian:20170918005031j:plain
《ティンダングル・ドロネー》
通常罠
(1):自分の墓地に「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在し、相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
その攻撃モンスターを破壊し、EXデッキから「ティンダングル・アキュート・ケルベロス1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、 墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ティンダングル」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。




①②双方とも、墓地にティンダングルモンスター3種類以上を要求します。①の効果は受動的ですが、②の効果は《バージェストマ・マーレラ》《おろかな副葬》で落として利用でき、罠カードなので相手ターンでも展開できます。


特に②の墓地効果が強烈であり、完全なノーコストで3体を蘇生できるので、一気に盤面を増やすことができます。

基本的にはドロネーでの展開を最優先に考えるので、如何にティンダングルモンスターを墓地に溜め込むかが重要という訳です。



①の《ティンダングル・アキュート・ケルベロスとかいう謎のカード、こちらはリンクモンスターで

f:id:Cloudian:20170918013104j:plain
リンク3/闇属性/悪魔族/攻0
「ティンダングル」モンスター3体
(1):自分の墓地に「ティンダングル・ベース・ガードナー」を含む「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在する場合、 このカードの攻撃力は3000アップする。
(2):このカードの攻撃力は、 このカードのリンク先の「ティンダングル」モンスターの数×600アップする。
(3):このカードが攻撃宣言したバトルフェイズ終了時に発動できる。 自分フィールドに「ティンダングルトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。




正規召喚するとティンダングル×3体。リンク先のティンダングル1体につき打点が600上昇します。

更に殴るとトークンを生成でき、リンク先に生成することで打点上昇とも噛み合っています。


打点0ですが、特定のモンスターを含むティンダングルが墓地に3種類以上存在していれば打点3000となるので、先程のドロネーの発動条件も相まって自然に満たせそうです。




特定のモンスター《ティンダングル・ベース・ガードナー》はこちら

f:id:Cloudian:20170918013128j:plain
星5/闇属性/悪魔族/攻 0/守2300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに裏側守備表示モンスターが存在する場合、 このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手のリンクモンスターのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合、 このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ティンダングル」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。



当たると爆発しそう。

前述の通りリバースモンスターではありません。場にセットモンスターがいるだけで展開できます。

この性能により簡単に場に出せる為、そのままリンク召喚の素材として墓地へ送ることで《ティンダングル・アキュート・ケルベロスの打点を即座に3000にすることが可能です。


さりげなく守備力2000以上なので《影のデッキ破壊ウイルス》対応なのもgood。


また相手のリンク先にモンスターが置かれると、リリースして何でも持ってこれます。汎用性は高いのですが、発動条件が受動的であり、発動できれば程度の認識ですね。




更にこれらをピンポイントでサーチ・墓地落としが行えるサーチャー

f:id:Cloudian:20170918013152j:plain
《ティンダングル・イントルーダー》
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守 0
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「ティンダングル」カード1枚を手札に加える
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「ティンダングル」カード1枚を墓地へ送る
(3):このカードが墓地に存在し、 自分フィールドにモンスターが裏側守備表示で特殊召喚された場合に発動する。 このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚する。



リバースすると何でもサーチ
召喚すると何でも落とし
・裏側で特殊召喚されれば墓地から自己再生

とモリモリな性能です。


基本的に《ティンダングル・ドロネー》をサーチもしくは墓地に落とし→その墓地効果でこのカードを含む3体を蘇生→リバースしてサーチ、といった感じに継続してアドバンテージを稼ぐことが可能です。



欠点は上級モンスターなので、基本的には墓地からの裏側展開が理想です。召喚時の効果も墓地落としであるため、出来るならサーチであるリバース効果を発動したいところですね。





また展開補助も存在し、

f:id:Cloudian:20170918013316j:plain
《ティンダングル・エンジェル》
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 自分の手札・墓地から「ティンダングル・エンジェル」以外のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。この効果が相手ターンのバトルフェイズに発動した場合、 さらにそのバトルフェイズを終了する。




中心部の顔面が若干の悪寒を感じさせますね。「エンジェル」の名前にも関わらず、このイラスト・属性・種族というのが何とも不気味です。


リバースすると手札・墓地からリバースモンスターを裏側で特殊召喚できます。手札からも展開できるので、墓地が肥えていない序盤でも出せるのが良いですね。



更にバトルフェイズ中ならバトルフェイズを終了でき、展開補助+防御も兼ね備えているので、非常に使い勝手が良いです。

裏側表示で特殊召喚するので、墓地にいると自己再生する《ティンダングル・イントルーダー》のトリガーにもなりますね。



ちなみに出すモンスターはテーマ内である必要はなく、高レベルのリバースモンスターを展開することも可能です。サブテラーこっち見ないで






f:id:Cloudian:20170918013350j:plain
《ティンダングル・ハウンド》
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守 0
(1):このカードがリバースした場合に、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力は対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。 その後、対象モンスターを裏側守備表示にする。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、 そのモンスターとリンク状態になっているモンスターの数×1000ダウンする。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、 フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを表側守備表示にする




こちらも上級のティンダングル。

リバースすると月の書+自身をその打点分パンプできます。リバース効果の再利用や、相手モンスターの妨害など幅広く活用できますね。



打点ダウン効果はリンクモンスターだけでなく、リンク状態となっているモンスター全員の打点が下がるので、リンク先の非リンクモンスターにも適用されます。

ダウンする数値も、リンク状態になっている数×1000とかなり大きく、リンクデッキに対してかなりの拘束力があると言えますね。

f:id:Cloudian:20170918142117j:plain




破壊されると擬似《太陽の書》を放ちます。

戦闘破壊された際に、裏側表示の《ティンダングル・エンジェル》を殴られる前にリバースさせて、バトルフェイズを終了させるといった動きが可能です。




最後にレベル3のティンダングル

f:id:Cloudian:20170918013412j:plain
《ティンダングル・アポストル》
星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守1600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 自分フィールドの裏側表示モンスターを3体まで選んで表側守備表示にする。この効果で表側守備表示にしたモンスターが全て「ティンダングル」モンスターだった場合、 そのモンスターの数までデッキから「ティンダングル」カードを手札に加える事ができる。




リバースすると場の「裏側モンスター」を3体まで「表側守備」に変え、変えたモンスターが全員「ティンダングル」だったならその数までサーチ
、という事です。



盤面に並べなければ意味がありませんが、《ティンダングル・ドロネー》の墓地効果で蘇生すれば、他2体のリバース効果+2枚のサーチが行えるので強烈です。《ティンダングル・イントルーダー》などで持ってこれ、1枚でも墓地に落ちていればエンジェルやドロネーで蘇生できるので、ピン刺しでも機能するのが素敵ですね。









次に、残りの永続魔法とフィールド魔法です


こちらは「ティンダングル」名称ではないのでサーチが効きませんが、《ティンダングル・ドロネー》を落とせる《おろかな副葬》
を共有できます。

f:id:Cloudian:20170918133745j:plain

《ナーゲルの守護天》
永続魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分のメインモンスターゾーンの「ティンダングル」モンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されない
(2):自分の「ティンダングル」モンスターが相手に戦闘ダメージを与える場合、 1ターンに1度だけそのダメージは倍になる。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。 デッキから「ナーゲルの守護天」1枚を手札に加える。




場にある限り、メインゾーンのティンダングルに破壊耐性を付与します。

これにより戦闘破壊されずにリバース効果を発動できます。守備力0の《ティンダングル・イントルーダー》《ティンダングル・ハウンド》のステータス不足を克服していますね。


あくまでメインモンスターゾーンへの耐性なので、EXゾーンの《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》は耐性が付きません。

しかしながら、アキュートケルベロスが出したトークンには破壊耐性が付与されるので、先にトークンが破壊され、アキュートケルベロスの打点が下がる心配もないと言えます。



②のダメージ倍化は1ターンに1度ですが、《ティンダングル・ハウンド》ならば4000打点は容易に超えるので大ダメージを与えることができます。



③の墓地効果により、除去されても同名カードを貼り直すことができます。《おろかな副葬》で落とせば、手札コストは必要なものの擬似サーチになります。

サーチした《ティンダングル・ドロネー》をコストにして、即座に墓地効果に繋げることも可能ですね。






f:id:Cloudian:20170918133830j:plain
オイラーサーキット》
フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ティンダングル」モンスターが3体以上存在する場合、 相手モンスターは攻撃できない
(2):自分スタンバイフェイズに、自分フィールドの「ティンダングル」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのコントロールを相手に移す
(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。 デッキから「オイラーサーキット」1枚を手札に加える。




攻撃抑制・謎のコントロール移し効果は共に使いづらさが否めません。

デメリット効果を持つティンダングルもいないので採用は怪しいですね。






動き方

基本的には墓地を肥やして《ティンダングル・ドロネー》での蘇生や《ティンダングル・イントルーダー》のサーチ等でアドバンテージを稼ぎ、隙が出来れば《ティンダングル・ハウンド》《ティンダングル・アキュート・ケルベロスの高打点で攻めていきます。



1度ドロネーでイントルーダーを含めた3体を蘇生してしまえば、イントルーダーのリバース効果で次のドロネーをサーチできるので、安定して後続を確保することが出来ます。

f:id:Cloudian:20170918142153j:plain




また、ドロネーは《おろかな副葬》《バージェストマ・マーレラ》で墓地に落とせるほか、副葬は《ナーゲルの守護天》を擬似的にサーチできるので、ドロネー+イントルーダーの円環が整えば、副葬は《ナーゲルの守護天》に回してもいいかもしれません。









サンプル構築


大雑把ですがサンプルレシピです



(モンスター)
ティンダングル・アポストル 2
ティンダングル・エンジェル 3
ティンダングル・ベース・ガードナー 3
ティンダングル・イントルーダー 3
ティンダングル・ハウンド 3
ダーク・グレファー 3
灰流うらら 3
増殖するG 2
(魔法)
ナーゲルの守護天 3
闇の誘惑 3
おろかな副葬 3
(罠)
ティンダングル・ドロネー 3
バージェストマ・マーレラ 3
針虫の巣窟 3



ダークグレファーは、単純な墓地肥やしだけでなく、上級+ティンダングルを握っていれば3体落とせるので、一気にドロネーの発動条件を満たせます。


副葬マーレラは、とにかくドロネーを落とさなければ始まらないのでフル投入です。副葬も3枚なのは、サーチが効かない《ナーゲルの守護天》を持ってくる為です。


トップ5枚を落とす針虫の巣窟ですが、ドロネーが墓地にあれぱ、相手ターンに3種類揃っても展開できます。運要素は強いですが、ドロネーは勿論ナーゲルやイントルーダーなど、落ちると美味しいカードが多いので検討しました。



影デッキ破壊ウイルスなんですが、対応する《ティンダングル・ベース・ガードナー》は容易に出せるものの、一種類だけでは足りないので、媒体を何体か組み込めば充分採用できそうです。






総評

それぞれが独立した効果を持っており、物凄くクセが強いですが、ドロネーでの展開さえ出来れば安定して立ち回ることができます



また、今回は40枚でしたが、芝刈りを採用した60枚構築なんかも考えたいですね

発売日は10月14日(土)とまだ先ですが、興味を持った方は是非、発売後に組んでみては如何でしょうか。


RTされると嬉しいです🙇





ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします💡