くもまもの

くもまものって言うんですけども

「灰流うらら」その再録がもたらす悲劇と12月8日


↑良ければクリックおなしゃす🐣




18時55分「ピコンッ」


自分「おっ公式フラゲの時間だ。今日は何のカードだろう」







f:id:Cloudian:20181205202857j:plain:w250

灰流うらら「ウィッス」



自分「え?」














─────そう。


これは遊戯王公式ツイッターによる「アニメ放送後のカード収録フラゲ」が、事の始まり。



12月上旬に起きたホラーともいえる、極めて不可解な出来事・・・・・






















「灰流うらら」とは

現代遊戯王における必須カードであり、あらゆる人間の「心の中に巣食うゴキブリ」を始末し続ける、怪物である。



ハルウララ」という和やかなネーミングとは裏腹に、デッキに触る行為の一切を封殺しよる、恐るべき汎用性。






さらに、チューナーチューナーモンスターである


チューナーといえば、条件反射で思い浮かぶであろう現代遊戯王の概念

f:id:Cloudian:20181205202742j:plain:w140


ここから目ん玉一つの化け物を経由し、突如マスコットキャラクターが登場したかと思えば

f:id:Cloudian:20181205202805j:plain:w250



誕生する。8000という初期ライフを嘲笑うかの如く、猛烈な殺意を抱え込む現代遊戯王の怪物が。

f:id:Cloudian:20181205202832j:plain:w150



このように、灰流うららは手札誘発でありながらチューナーであるという「二物を与えられた」存在


こんな末恐ろしい怪物が、12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」に収録されんとしている。






12月8日・・・土曜日・・・・・


ストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」


そこに・・・再録されようというのだ。



本来であれば、主役は【転生炎獣】という炎属性テーマ。


もはや、どちらが主役なのか判別不能


恐らく12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」を購入した大半のプレイヤーは、まず初めに灰流うららが入っているかをチェックし、ニヤニヤすること間違いなし。




灰流うららをチェックし、ニヤニヤ


灰流うららで、ニヤニヤするのである。






これは、実際のデュエルにおいても起こりうる自然現象。


「よろしくお願いしま〜す」
「おっ!灰流うらら!嬉しいなァ!!(ニヤニヤ)」

相手「(うわ、開始直後にわろてる。怖っ)」







ん?待ってほしい


上記部分を書き終えて気付いたが、灰流うららを握った側のプレイヤーのセリフ部分、カッコが無い


これでは「灰流うららを握っていることを声に出すサイコ野郎」になってしまう






いや、怖っ。










話を戻すが、灰流うららの再録。


これは「誘発高くて買えない!でも遊戯王楽しい!」といったプレイヤー層にも壊滅的な被害をもたらす


A「特殊召喚か。チェーンGで!」


B「う〜ん、うららで!


A「え?おまっ・・・なんでうらら持って・・・」


B「いや、灰流うららは12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ『ソウルバーナー』に再録されているから、入手が容易になったんだよ」


A「そ、そんな・・・・・分かった。俺も今すぐストラクチャーデッキ『ソウルバーナー』を買ってくるよ!」




このように今まで気にもしていなかった「増殖するG」の発動が、突如として止められる可能性が高まってしまう。










自然破壊。


これが自然破壊以外の、なんと呼べるのだろうか。



Gは増殖を止められ、デュエルは中断し12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」購入を迫られる。


これ程までに、灰流うららの再録は激動と言わざるを得ない







しかし、だからこそ。

打たれる可能性が大幅に高まった「灰流うらら」に対抗する手段。それは、



12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」


これを購入し、「灰流うらら」を入手





そして打ち返すのだ。圧倒的な殺意を込めて






声高に






「うららで!」















これは戦争。



「灰流うらら」を持つプレイヤー、持たざるプレイヤー。



そもそも持っているけど「まあ集め得でしょ」と回収を決行するプレイヤー







12月8日(土)発売のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」


【転生炎獣】とかいうテーマの皮を被った、残酷にして無情なるストラクチャーデッキ




果たしてどれほど購入され、はたまた品薄となるのだろうか


そもそも「転生炎獣?とか興味無いし、今更うらら必要ないんで✋」という結末に終わるのか








その運命や、如何に──────