くもまもの

緊急給付金事態10万円宣言滅の刃

5人チーム戦で発生した「叛逆」について

プロローグもクソもないのだが、10月上旬に参加した「ガロスCS・5人チーム戦」にて起こった悲劇を共有しておきたい。



悲劇というよりは筆者が引き起こした人災とも捉えられる事故なので、「こういう事が起きるよ。気を付けようね」という教訓を本記事を通してホンニャラコンニャラ






ちなみに「ブログのネタが出来て嬉しい」などと不謹慎な事は一切思っておらず、きちんと反省している。





「やってしまった…♡これはブログに書いて備忘録としなければ……♡」としっかり反省。

スマンホの文字入力の速度が、音速を超えています





始まり

5人チーム戦。それは2人や3人よりシンプルに横に広く、否が応でも盛り上がる


そしてチームメンバーは知り合いばかりで非常に楽しく、ウキウキと、ウキウキとしていた。




いつもなら突然言われて反応に困る以下のコミュニケーション

「メインデッキ何枚ですか?41?41かァ〜〜!何だろ〜〜〜!」と分かるはずなのない推理を勝手に始めるやつ


これを、筆者が相手に浴びせる。




筆者「41?41ですか!?何だろ〜〜?本当に分からないな〜〜〜!(分かるはずない)」

相手「・・・・・・」

筆者「ハハハ…ハハ…」




悲劇

事件は1本目の序盤で起きた


相手は【カオスサンドラ】だったのだが、混沌領域のサーチにうららを当てて、何かの特殊召喚にGを当てるとノーガードエンド。






f:id:Cloudian:20201020212423j:plain

f:id:Cloudian:20201020212423j:plain

f:id:Cloudian:20201020212423j:plain




ニコニコと展開を行い、全てを破壊し尽くすアクセスコードとトランスコードを並べて「コロしますね〜」と今から客にシャンプーをする理容師の如く淡々と盤面を破壊し、メイン終了宣言。


その時。



隣の卓から、カードが飛んできた。

これは比喩表現ではなく、偶然チームメイトの手札がポロッと落ちたということ。




落とした本人が慌てて拾おうとして、それが筆者の両膝の隙間、つまり筆者の股に滑り込んだ。


ちなみに落としたカードは「黄金郷のコンキスタドール」。それはどうでも良いのだが





そして勝ち確当然の筆者は、勝ち確なので心の余裕がハンパない。股にコンキスタドールが挟まってもニコニコしている。気味が悪かった。


股に滑り込んだコンキスタドールを回収し、チームメイトに返しながら、こう発言したという(2020/10/10)




「これはww股からコンキスタドールwww」





普通にきもいが、真なる「愚直」とは、このような「ウケると思って早口で発言したが全くウケなくて恥ずかしかった」ことでは無い。








チームメイトのデッキは、まだバレていなかった。













チームメイトの、デッキは。







まだ、バレていなかった。













〜よく分かる解説〜



チームメイト(仮にB)「あ、すみません」


廃棄物おれ「いや良いよ〜(コンキスタドールを返す)」

廃棄物おれ「これは股からコンキスタドールって感じだww」


B「え?」

B「まだデッキバレてないですよ」


廃棄物おれ「え?」


B「おい」


廃棄物おれ「あ、あの、あ、あ、」


Bの相手「エルドねw」









結論&教訓

結果だけ言えば、Bの相手は未開域で後攻、エルド側は3伏せで1枚もカードが見えていない状態だったが、ドロバさえ無ければデッキ判明の有無は全く関係なかったらしい。



それと、相手も知り合いで身内戦のような形だったので自然に笑って済んだ。Bも相手もニコニコ。おれ汗ダラダラ





だが、どんな事情があったとしてもチームメイトのデッキを試合中にバラすのは普通に末恐ろしい行為であり、決して簡単に流せる話ではない。CSだし。



Bも「むしろネタにして」くらいの気負いで居たが、もしもこれが初めてチーム組んだ方ならどうだろう



「あの〇〇〇〇とかいうプレイヤーはチームメイトのデッキを凄まじい勢いでバラす。組んだらデッキどころか実名住所職業に至る全ての個人情報をバラされる」



などと悪評(アクヒョウ)が広がりかねない。信用問題に発展する。





なので、今後は股にコンキスタドールが飛んできても「おひざもとに遊戯王カードが突っ込んできましてよ」と優雅に返答するくらいの「メンタル維持」を心掛けようと思う






いかがだったでしょうか(めちゃくちゃ謝った)