くもまもの

密です!より、密です♡の方が優しくていい

ありふれた行為「セット」が人間にもたらす幸福と不幸について


↑良ければクリックおなしゃす🐦


定義

「セット」という行為がある。

これは盤面にカードを伏せることであり、あらゆる状況下において「不確定要素」を追加する挙動



f:id:Cloudian:20191127223622j:plain:w180



「カードを1枚伏せて・・・」


この後に連想する言葉は何だろうか。十中八九「ターンエンド!」であることは容易に考えられる。



デュエルリンクスにおいては、メインフェイズ2が存在しない為「バトルフェイズ!」とも考えられるだろう




勿論「モンスターのセット」も存在する。

【サブテラー】における導師のような、裏側状態からペロンッと表側になることで効果を発揮するリバースモンスターなど。




しかし、現環境における「モンスターをセットして・・・」に続く言葉。

それは、どう考えても「相手サブテラーじゃん!!!!!」としか思えない。筆者は《センサー万別》に極限まで追い詰められた経験があるため、ソレを擁する【サブテラー】に心の底から恐怖している。





もしも苦悶の表情でモンスターをセットしたならば、それはサブテラーではなく事故った【展開系】が苦し紛れに壁を生成する動きとも判断できる。



いずれにしても、カードをセットする行為に対し「セットした瞬間」ではなく「セットした直後の挙動」に気を取られるのが、YP(ユウギオウプレイヤ-)の性(サガ)というもの。



安心

結局のところ、カードをセットされるという事は「妨害を置かれた」という認識が殆どである。

が、同時に「恐らくこれ以上することが無いんだろうな」という絶大な安心感をもたらしてくれる

つまり「ホッとする」のだ。




例を挙げるならば、先攻を取られたとして手札誘発を握れていないとする。

現環境において「誘発が無い=死」のプロセスを強要してくるテーマは無数にある



1枚と1枚が組み合わさり、それが3枚にも4枚にも膨れ上がる爆発的なアドバンテージを、手札誘発を持たない状態では「どうぞ」「チェーン無しで」「無しで」「🍐」と促すしかない。





しかし、誘発が無いとして。相手側の行動が

「スタンバイ、メインまで」
「ん〜。セット、セット」
「終わりで」


こうであった場合の「おっ…助かった…」という妙な安心感は凄まじく、包まれるのだ。その安心感に。



あまり派手に動かれることなく「1枚セットして・・・」。ホッとする他ないだろう。その後の「メイン終了、エンドで」という言葉を心待ちにできる




絶望

以上のことを日々悶々と考えているのだが、やはり何事にも例外はある。


大会に出て、対戦相手とジャンケンをし、負ける。

相手は嬉しそうに「じゃあ〜…先攻で!」。何わろてんねん




さて、初手を見る。誘発は居ない。

とりあえず「誘発モリモリだなぁ〜何処に打とうかなぁ〜」とでも言いたげなニヤニヤフェイスを維持して対抗してみるが、おそらく効果は無い



相手「スタンバイ、メイン」
相手「・・・ん〜…(首を傾げる)」


自分「(おっ?事故った?)」
自分「(いけ!そのまま渋顔で「終わりで」宣言頼む!)」


相手「・・・セットで」


自分「(ウオオオオオ!!!キタ!手札は展開札で溢れている。余裕で捲れるな!)」


相手「発動」






















時が、止まった。

発動?先行で、カードを伏せて、そのままソレを発動?


どういう……何を言っているのだろう。そんな事ができるのなら【オルターガイスト】が最強になるじゃないか。許される筈がない



知らない間に《王家の神殿》でも発動していた?アニメかよ。そんなの有り得るはずが…






















f:id:Cloudian:20191127220918j:plain:w300







ア゜ッ
















それは、伏せたターンでも発動可能な最強の展開札シェードブリダンガンイン

ん?シェードブリガダン…イン…




ややこしいが、ともかく「シェード何たら」の発動は、上がりきったボルテージをどん底まで叩き落とされた。


ついでに展開され尽くし「トポロジックガンブラーによって、手札も叩き落とされた。









そんな

「ドラゴンリンクに先攻取られて1伏せスタートしてきたからヨシャ事故った勝ち!と思ったらシェードブリガンダインで何やねんってなった」

こと







ありませんか?(ターンエンド)