くもまもの

くもまものって言うんですけども

サイバース族テーマ【コードトーカー】における「使いづらいサイバース族」ベスト10

質問箱という「大喜利してね」と言わんばかりのツールでブログネタを募ったところ、こんな質問が届いていた





これはいけない。

「使えない」サイバース族など居ないし、コーデックにより全てのサイバース族はサーチ可能。



全てのサイバース族に使い道があり、有用な存在なのだ・・・






















なんてことは幻想。幻想でしかない。


GEN☆SO





どれほどサーチ手段が豊富であろうと、一部のサイバース族にはどうしようもなく使い道のない奴らが居る

続きを読む

ブログを書きたいが書く事がないので現在の欲望を「店舗戦で権利取った事実」を隠れ蓑にして懇切丁寧に書

前置きとして、自分は【コードトーカー】という訳の分からないちり紙を使用している。



3月末にはCSで準優勝を果たして、あまりの嬉しさに息絶えた






そして最近になって、優勝すれば多大なる「アド」を獲得できるWCS店舗予選に参加、見事優勝した




やった。

賞品として頂いた、訳の分からないリンク5のモンスターを速やかに売り払って行きたい。焼肉









焼肉に、行きたい。





焼肉をしこたま食い、酒を浴びるように飲み、娯楽の限りを尽くしたいことは明白である。WCS店舗代表の権利獲得には、尽く「焼肉」へと繋がるニク・ロードがある




人は焼肉を食うために生まれ、焼肉は人に食われるために生きているといっても過言ではなh%ssidm:*%






いや待ってほしい。本当に、焼肉が「生きている」だろうか?


豚や牛や鳥。あらゆるアニムァルの尊き命を犠牲にしてまで、人間の快楽として調理された肉。それはあくまでも「肉」であるため生命ではない。かくして「生きていない」だろう。

前言という前言を、フルパワーで撤回したい





話は戻るが、焼肉だ。


焼肉に・・・・・















ところで。

焼肉は良いのだが、最近全くブログを更新出来ていない事実に震えている。




この「震えている」という言い回しは断じて比喩ではない。


限界を超えた震えにより、浴槽に張った水を圧倒的な運動量で沸かし、ガス代を裏側表示で除外することに成功している




上記の情報はどうでもいい上に、極めて悪質な冗談。極めて悪質な冗談であるため、この記事を含めた「ここ1〜2ヵ月の記憶」の一切をシャットアウトして頂きたい。




まず補足として、この「文章」ともいえない怪文書を錬成している筆者は、社会の歪曲的な都合により北海道に滞在している。



遊戯王をする時間も無ければ、新弾のカードで「このテーマたのしそ〜。組も😋😋😋😋😋」と自由自在にカードに触れる時間が、土日以外に一切無い。


「学生」という事実上エクストラリンクともいえる武器は溶解し、ただひたすらに時間が、無い。


故にブログを書く「時間」はおろか、「やる気」「気力」も消滅してしまっている。これではいけない




ポチポチと地道に作成した文章をSNSに放り込み、怒涛の「リツイート」と数多なる「いいね」を獲得することによる承認欲求たるや、WCS店舗代表・権利獲得の比ではない











いや。嘘をついた。

結局のところ、店舗代表の権利獲得に勝るものはない。


なんといっても景品をイキヨーヨーとウッパラウことにより、人は「焼肉」へ行けるのだから。





コードトーカーで、権利獲得?


違う。本質はそこではない。重要なのは肉を、網の上に置いて焼き、食うこと。



「打たれた増Gに対し、煽り散らした表情で灰流うららを打ち込む」が如く。前のめりに肉を食いたい。


嗚呼

















折角ホッカイドーに居るので、ジンギスカンとか、食べに行きませんか?(終)

常軌を逸したサイバース族テーマ【コードトーカー】その全貌について

始動①

制限改訂が出た直後の時期

それは様々な思考がよぎる無限の可能性を秘めた時期。



「終末制限だし恐竜減ってくれ!」
「何のデッキ組もう…」
「環境変わってないやんけ」
レダメ死んでファンデッキが回らなくなった!」



特に、改訂後の浮き立ったテンションから「ひと味違ったデッキを組みたいな」という気持ちが強い方、多いのではなかろうか





ひと味では物足りず「76味ほど違うデッキを、76個ほど組みたいな」という気持ちが強い方






多いのでは、なかろうか。







これは導入部分。

続きを読む

今期も終わりなので、制限改訂が来ないと何も考えられない

から、早く来いやとソワソワしている。


この至極どうでもいい感情を文章化したいがために、今、文字という名の何かをぶち込んでいる。





↑良ければクリックおなしゃす🐦



さて、本記事の内容としては「カイテイ」「ハヤク」「カイテイ」「ハヤク」と猛打するだけの内容であるため、数億歩ほど譲っても気味が悪いこの一点に尽きる。




そもそも、改訂直前になるとソワソワするのは何故だろう。


当ブログを、人生の貴重な時間を割いてまで読んで頂いている(本当にありがとうございます🙏)方は知っての通り、自分は改訂に潰されるはずのない【サイバース族】をメインに使用している。




故に、ビビる必要もなければソワソワする心配もない


なら何故か。それは規制の逆、緩和を期待しているからではないか





サイバース族における規制されたカード・・・

それは相互リンクの怪物。相互リンクでリンク召喚そのものを制圧し、1ターンに1度という制約を破壊した災害。


「相互リンクそのものが性癖なのでは?」と言われんばかりの相互リンク癖(ヘキ)をもつ、犯罪臭溢れる最悪のカード






その名は
















f:id:Cloudian:20190310215729j:plain

エラッタされて返ってきたら嬉しい♡」これだけを望んでいる。


一方で、理性としては「ふざけるな。何があってもあの罪の龍は返ってくるべきではない」この一点張り。




理性とは、物事を現実的に捉える思考回路であるためファイアウォールは無期刑だ、永遠にぶち込まれるべきとゴリゴリに主張してくる



欲望「ファイアウォール返ってこい」
理性「ファイアウォール返ってくるな」
おれ「サイバース新規こい」




改訂はヒトの心を蝕む厄災。

コナミが引っ張れば引っ張るほど、その蝕まれた感情は暴発する。





公式アカウント遊戯王ドットジェイピー」が、改訂と関係の無い更新をする度に「改訂はよ」「なめてんのか」などと阿鼻叫喚に包まれたリプ欄が現れる。



止まらない負の連鎖。






このままでは、コナミはブチ切れる。

過激なリプライを投稿したアカウント及びその身元を、まとめて特定し秘密裏に抹殺しかねない。




そして、Vジャンプに掲載されるのだ

「今回規制されたプレイヤーは以下の30人だ!環境に重大な影響を及ぼすと判断され、現世そのものから禁止されたプレイヤーだぞ!」






やがて、ドットジェイピーに余計なリプライを送るアカウントは消え、ツイッターコナミと検索すればコナミ最高」「コナミ好き」で埋め尽くされる。




余計なものを排除し、平和な環境を創る。

これこそが真なる制限改訂であり、コナミが目指す理想








さあ








次に、規制を食らうのは






















貴方かもしれない─────

「先攻後攻ダイスで決める」その初体験談


↑良ければクリックおなしゃす🐦


あらゆるゲームには「先攻・後攻」が存在する。勿論存在しないゲームもあれど、大抵は発生するであろうどっちから始めるんだ問題を効率的に解決する、極めて理にかなった概念である。



カードゲームにおいてもその概念は存在するのだが、一般的な娯楽と違って先後の平等性が圧倒的に少ない




つまり、ゲームを始める前から「先攻が欲しい」「後攻が欲しい」という思いが両者にあるため勝負が始まる前から勝負は始まっているという、そんな感じの、やつ。

文脈が破裂的






さて、思い返すは「初めてサイコロで先後を決めた」大会。





カードショップの非公認大会にて、人生で初めて「先攻後攻ダイスでいいですか?」と聞かれた。





一瞬固まる。

今の今まで、友人と対戦する時でさえジャンケンを利用していたためだ。




目の前に差し出されたのは20面ダイス。面の数が、あまりにも異常







そんなに面、いるのか?通常の6面ダイスでない理由は?

いや、そもそも「通常のダイスは6面である」という事自体、常識に囚われているのかもしれない。



ドメジャー遊具「すごろく」だって、実は20面ダイスを使用していたって不思議はない


「じゃあ次は俺の番だな(ゴトッッッ)」
「「「!??!?」」」
「おっ、17が出たw もうゴールじゃんw」

20面ダイスの方が遥かに早くゴールできるのだから、6面ダイスを使い回している中に突如として周りを圧倒する20面ダイスは、シンプルに、強い。







などと考えている間に、対戦相手は何かを発した。


「あ、落ちたり引っ掛かったりしたらkj(+dr#+k;;#@gすか?」


早口でよく聞き取れなかったが、陳腐で劣悪なプライドが炸裂して「ああそれね、分かってますよ」感をもって振る舞いたいと思い、眉間にシワを寄せて難解な問題を理解したかのような真剣な顔つきで、深く頷いた


「了解しました」








待て。

何が、そのダイスが「落ちたり引っ掛かったり」したら、どうなるんだ



もう一度聞こうとしたが、相手はいわゆる大会慣れしている風であったため、緊張のあまり聞き返せなかった。





もしかしたら、相手が殺意を持っていて「落ちたり引っ掛かったりしたら、お前を始末してもいいですか?」と聞かれたのかもしれない。


それに対し、いぶし銀な表情で「了解しました」なんて答えた自分も、対戦相手も、至極真っ当なサイコパスであると仮定できる。





そして「サイコロが落ちたり引っ掛かったりしたら何かしらヤバイ」という情報のみが頭に刷り込まれたまま、いよいよ相手がサイコロを振ろうとする。




「祈りのポーズ」の如く手の中にサイコロを包み込んだかと思えば、次なる衝撃の発言に思考を乱された



「あ、上か下か、どうします?」






エカシタカ、ドウシマス






一般的に、人は「上」を目指したい。レベル、段階、ステータス・・・


そのあらゆる分野にて、殆どの状況においては「上」が良いとされる





そりゃ、上でしょ。なのに「下」

なんで「下」って選択肢があるんだ?




頭が、パンクしそうだった。というか、そのサイコロを手に包み込む動作、なに?



良い数字が出ますように、という祈りを込めての願掛けなのだろうか?後で自分もやろう





などと気を紛らわすも「ウエカ、シタカ☆ドウシマスウウウ??☆」という呪文は、止まることなく延々と脳裏をよぎる



そしてようやく決まった。「上でお願いします」




何が「上」になるのか分からない。地位か、はたまたランクか。ともなく「上」ならば問題無いだろう。思考を放棄していた




いよいよ相手はサイコロを振る。その「祈りのポーズ」でもある両手こぶしが無尽蔵に振動したかと思えば、突如、両手がオープン。

サイコロが、勢いよく飛び出る。






相手は先程言った。

「落ちたり引っ掛かったりしたらkj(+dr#+k;;#@gすか?」




よって「落ちろ!引っ掛かれ!」と気味の悪い祈りを、込める。





出た数字は「4」。


散々よく分からないプレッシャーを掛けられたが、20面においての「4」とは6面ダイスならば「1.2」に相当する。勝ちを、確信した




引っ掛からないように細心の注意を払いつつ、対戦相手がやっていたように「祈りのポーズ」を駆使してサイコロを振る。


20面において4以上を出すなんて容易いことだ。確率が味方だ





20面ダイス「コロロロ…(1)」












この日、確率はとなった。






そして、始まる。





先攻を拾えて、嬉しそうな対戦相手による怒涛の先攻展開が────













現在

しっかり「落ちたり引っ掛かったりしたら振り直し」を確認するし「(先後を選ぶ権利は)上か下か」を聞くし、聞かれる






それでも、今でさえ。


初めて対面する出来事や事象で混乱すると、今でも脳裏によぎるのだ。



祈りのポーズで、かつ両手こぶしをブンブン振りながら、その方は呟く

「ウエカ☆シタカ」

ガロスCS(2人チーム)のレポを踏まえた【転生入りサイバース】のアレコレについて

前振り

「2人チーム戦」というものに参加した。


2月2日の話であり、圧倒的に過ぎている。「情報は新鮮さが何たら」というが、新鮮もクソもない






さて、真っ先に疑問に浮かんだのは「チーム1-1だったらどうすんだ」問題



これに関しては「勝った際のチームメンバーそれぞれの点数がラウンド毎に異なる」、言うなれば持ち点の高いラウンドが当番制で回ってくる感じだ



そのため、自分の勝ち点が高いラウンドではチームメンバーからの "圧" が、尋常ではない






自分「アッ…次勝たないといけない番だ…」
チームメンバー「おい、分かってるだろうな・・・(胸ぐらを掴む)」
自分「ヒッ…わっわかっty i-#!;:@:689/!!+」





このような地獄の中で、何をとち狂ったのか自分はドマイナー低パワーデッキ【コードトーカー】を持ち込んだ。




チームメンバーからすれば、何をふざけてるんだ、狂ったのか、狂ったんだなと問い詰められても仕方の無い判断。


しかしながら、今回組んで下さった方のデッキは「ジャンクドッペル」。二人とも所謂「環境デッキ」ではないので、何も怖くないという理屈である





お互いに非環境を握りながら、常軌を逸した反骨心をもって対戦する。

しめやかにトップシェアをぶち倒そう。ついでにカードの角で、相手の喉を掻っ切るなどして、相手プレイヤー自体を葬り去ろう。そのまま結果報告シートに「相手プレイヤー:死亡」と書き込み、しめやかに逮捕されよう。人生を、この世を、ケアするのだ




そう誓い合った─────








前振り②

訂正箇所がある。上記の「誓い合った──」部分

一切誓い合っていないし、紛れもないウケ狙いであったことは事実でしかない。故に、しめやかに逮捕されるべきは本記事を作成する自分自身なのだな、と自責の念、ジセキノネンを無限に出している。



あれ?「自責の念」を「出す」で合っているのか? そもそもこの時間、何?




あらゆる疑問は残るが、これをもって本記事へと移る




大会レポ

前半として、チーム戦のレポを書き殴っていく。



「それはどうでも良くて、コードトーカーの構築や動きを知りたい」


という方は、
現状の【コードトーカー】
ここまで飛んで頂けると幸いである





個人戦績としては


個人4-2で非常に満足した。勝ち越すのは気持ちの良いものだ





ちなみにチームの相方「光さん」は

1-5という凄まじい戦績を叩き出していた。



3戦目が終わったあたりで

「CSのブログ書くなら、ボロクソに載せてもらって大丈夫ですよ〜」

と息絶え絶えで言っていた。死なないで








さて、ここから試合のレポ的なモノを簡潔かつ綿密に述べていく。


(☆)マークが自分の高得点のラウンドなので、その試合で負けている場合には「お前の実力《パワーコードトーカー》かよ」などと遠慮なく罵って欲しい。




1回戦:恐竜サンドラ
✕○○ チーム✕


一本目、先攻を取られる。

気を取り直してGを当てるも、墓穴から指名された挙句メンコティラノに遊ばれて負け




二本目は
f:id:Cloudian:20190208000029j:plain




三本目、先攻で相手事故ってノーガードエンド。

デバッガーにヴェーラー(うろ覚え)食らったけど、コーデックとコーダーを握っていたので貫通して盤面形成。ついでに飛んできたファンタズメイをうららで両断しゲームエンド






一方の光さん、セフィラに「これ負けるやつ」な盤面を作られていた。ヴァレルSやショウフクがいた気がするのでシンクロ召喚】ミラーか?






(☆)2回戦:転生炎獣
✕✕ チーム✕

先攻取れて、意気揚々と展開するも
f:id:Cloudian:20190208000055j:plain

返しでガゼルにコンフリクトを当てた気がするけど、ロアーレイジ指名者の3伏せと転生ベイル超えれず負け





二本目、先攻取って意気揚々と展開するも
f:id:Cloudian:20190208000055j:plain









"愚者の最も確かな証拠は、Gに対して指名者を握っていないことである"

──モンテーニュ「随想録」





3回戦:オルフェゴール
○○ チーム✕


先攻取れて
f:id:Cloudian:20190208000217j:plain


1枚もカード見せずに投了されてデッキ分からず。

「1枚も誘発食らわなかったし、誘発の少ない展開する系デッキだ!」などと極めて頭の悪い思考のもと、返し札モリモリのサイドチェンジ


二本目、終末スタートでディヴェル見えたけど、G投げたら悶絶しながら2伏せエンド。逆にGしか無かったので助かった・・・


感謝しながら適当に返して勝ち







対する光さん、相手が(確か)オルター

握っていたガンマで(打たれるかもしれない)Gをケアしようと悩んでたらしく


⚫神罠に対してリブート打てばガンマが腐る(その後もしGを打たれてもケアできない)
⚫(リブート)打たなければ、その後のGもしくはマルチフェイカーに対してガンマをぶち込める


という局面でリブートを打たず、それが後々プレミに繋がり負けたらしい。



存在するだけで恐怖警戒心を与える手札誘発「増殖するG」、罪が深すぎるだろ







(☆)4回戦:サブテラー
○✕○ チーム✕

一本目は
f:id:Cloudian:20190208000243j:plain


二本目は
f:id:Cloudian:20190208002621j:plain:w140


三本目、先攻取るもデバッガーにヴェーラー、トランスに屋敷わらし


ここまでは良くて、トランス+ジェネレーターで2体目の素コード出し、ジェネレーターでスケーパー落とし


素コード+スケーパーでエンコード出し、光属性のガジェットをサーチ。そのままオプティマ発動からガジェット召喚で軌道修正!





と思いきやオプティマイズ発動→ガジェット召喚効果にヴェーラー(2枚目)






誘発3枚───

それは人間がやって良い挙動の範疇を、優に超えている





これはキツイ。無理でしょ。

チラッと隣を見る。光さん、閃刀姫とやり合っているが苦悶の表情。負けそう




おれも負けそう。そう思いながら相手の手札を睨む。残り2枚









・・・残り2枚?

盤面はエンコード+ガジェット








エクストラを見る。サイドからぶち込んだガンブラーが、いる

f:id:Cloudian:20190208000356j:plain:w200

エンコードとガジェットを素材にガンブラーを出し、ガジェット効果でトークン生成。相手の手札が無くなる。まるで手品


そのまま手品ゲーで勝ち。











ガンブラーに、久々にドン引きした───




5回戦:PSYフレーム
✕✕ チーム○


デッキ50枚と言われ、更には強貪や「カードカーD」が見える。


使ったことがあるため瞬時に【PSYフレーム】だと認識するも、攻撃表示と一緒に除外する「PSYフレームロード・Ζ」を一生超えられず負け






音速で負けたので隣を見ると、メタルフォーゼに対してパンクラ&シラユキスタートから色々踏みながらトリシューラ降臨。そのままリンク2の「ラムダ」出し、オメガのハンデス後にガンマサーチで蓋して勝ち。



ようやくの一勝に光さんのテンションもぶち上がる。「ニトロ・シンクロン」のドロー効果を生まれて初めて使用した瞬間と同じくらいテンションが上がっていた

f:id:Cloudian:20190208000425j:plain:w130



いや、そもそもニトロシンクロンの効果を発動する「時」って、いつ?







(☆)6回戦:オルターガイスト
✕○○ チーム✕


一本目、普通にオルターの動きに潰されて負け



二本目
f:id:Cloudian:20190208000450j:plain
※イメージ



三本目、メリュシーク→リンクリボーうらら当てたり、ゴーキンにうらら当てたり色々するうちに勅命貼られる。

終わりじゃんと思うも、相互トランスでマウント取ってたら相手のEXデッキにヘクスティア無くてトランス超えられず。



次第に相手ライフ500で勅命爆発。オプティマイズが解放され、クンティエリ無視しながら勝ち







一方の光さん。

全然余裕なくて隣を見てなかったので、終わってから「どうでした?」と聞くと「負けました😵」


ええで ( ゚v ゜b)








現状の【コードトーカー】

ここから、使用した構築や動き等を書いていく。




(モンスター)
レディ・デバッガー ×3
マイクロ・コーダー ×3
転生炎獣ガゼル ×2
転生炎獣スピニー
転生炎獣フォクシー
サイバース・ガジェット
クロック・ワイバーン
ドットスケーパー
シーアーカイバ
リンク・インフライヤー
サイバース・コンバーター
コード・ジェネレーター
コード・ラジエータ
増殖するG ×3
灰流うらら ×2
(魔法)
サイバネット・コーデック ×3
サイバネット・マイニング ×3
サイバネット・オプティマイズ
サイバネット・フュージョン
転生炎獣の聖域
墓穴の指名者 ×3
死者蘇生
ソウル・チャージ
ハーピィの羽根帚
(罠)
サイバネット・コンフリクト ×2
無限抱影 ×3

(エクストラ)
リンク・ディサイプル
リンクリボー
転生炎獣ベイルリンクス
トークバック・ランサー
リンク・ディヴォーティー
クロック・スパルトイ
コード・トーカー ×2
トランスコード・トーカー ×2
エンコード・トーカー
エクスコード・トーカー
シューティングコード・トーカー
双穹の騎士 アストラム
ダイプレクサ・キマイラ




シレッと転生炎獣が混ざっているが、単に「ガゼルつよい」以上のシナジーがある。




融合ギミック

その前に、前提として融合ギミック

f:id:Cloudian:20190208000523j:plain

を用いた展開を述べていく。



f:id:Cloudian:20190208000545j:plain:w260
基本展開の部分から、





f:id:Cloudian:20190208000602j:plain:w250
水属性のシューティングコードを出してシーアーカイバをサーチし、ドットスケーパーを落とす




f:id:Cloudian:20190208000619j:plain:w250
ドットスケーパーとトランスでクロックスパルトイを出し、サイバネットフュージョンをサーチ





f:id:Cloudian:20190208000640j:plain:w250
フュージョンを発動し、EXゾーンにモンスターが居ないため「墓地から素材を1体まで」賄える効果により、手札のシーアーカイバーと墓地の素コードを素材にダイプレクサ・キマイラSS





f:id:Cloudian:20190208000655j:plain:w250
キマイラとスパルトイでリンク3コードトーカーをリンク召喚し、

⚫コーデックでのサーチ
⚫キマイラの墓地回収
⚫シーアーカイバー蘇生

を同時にこなす





ここから、シーアーカイバーを含めたサイバース2体でトークバックディヴォーティーを作りながらEXリンク

f:id:Cloudian:20190208000720j:plain:w250



これが融合ギミックの動きであり、後続回収を兼ねつつ「2体分+コーデックorコーダーorマイニング」のみでEXリンクが可能






転生炎獣の強み

だが、2体分が転生炎獣ガゼルであれば


初動でガゼルの手札SS効果を使っていないため、キマイラで(ガゼルを)回収しながらベイルリンクスを経由しSSすれば、リンク値を増加させられる。


よってモンスターが1体増えリンク4を出すことが可能になる。ちなみに上記の動画では

上部分ガンブラーパターン
下部分がアストラムパターン

といった具合である。分かりづらさの、極地





ガンブラーの利点は「サイバネットフュージョン」「転生炎獣の聖域」といったゴミハンデスにできるので、ガンブラーを用いる場合の手札コストとして補えること
f:id:Cloudian:20190208000753j:plain:w280



そしてアストラムの利点は、アストラムの耐性&攻撃誘導がシンプルに強くEXゾーン絶対守るマンと化すため、リンクリボー以上にEXゾーンを維持しやすいこと
f:id:Cloudian:20190208000805j:plain:w280
(アストラムを構えたEXリンク時の、相手プレイヤー側の視点)





また、採用している各「転生」の強みとして

・ガゼル
ベイルリンクス経由により召喚権を使わず2体分となれる。これにより

「2体分+コーダー+ガゼル」

といったハンドから動けば、途中でガゼルを出してスピニーを落としておくことで、トランスコードに抱影やヴェーラー等の誘発が当たっても貫通して盤面形成を行える



・スピニー
同じくベイルリンクス経由により2体分となれるが、他に召喚権を割く場合にはベイルリンクスを経由し「手札から捨て→蘇生」の【転生炎獣】特有のムーブが可能となるため、極めて腐りにくい



・フォクシー
コーデックやオプティマイズといった表側の魔法カードを使用するのと、ベイルリンクス経由により「サラマングレイトカード」の聖域を確保できるため、自己蘇生が容易である






いや、というより。

気でも狂ったが如く「ベイルリンクス経由」と言い続けているが、強いのだから仕方が無い。噛み合いの鬼






採用理由

ここから、使用した構築に関する「あのカードなんで1枚だけ?」「こんなカード要らんでしょwwwわろたw」といったロジックをぶちのめす言い訳じみた何かを書き連ねていく



そもそも「融合wギミックww要らんでしょww」という意見も至極真っ当ではあるので、薄〜〜く参考にして頂ければ幸いである




・デバッガー ×3
・コーダー ×3
・マイニング ×3
・コーデック ×3

「初動」この一言に尽きる。特にマイニング

f:id:Cloudian:20190208000827j:plain:w130

圧倒的に使いやすく、コーダーを筆頭に「2体分」「コーダー」の足りない方を持ってこれるため小回りが利く。

手札コストもベイルリンクスからサーチした聖域を捨てられるので、「2体分+マイニング」といった組み合わせでも展開可能






・ガゼル ×2
・スピニー、フォクシー
・聖域

「転生」ギミック。あくまでコーデックあっての展開パーツなので枚数は控えめだが、前述した通り「噛み合い of 鬼」


ん?いや待ってほしい。これでは「鬼の噛み合い」と和訳されるので、控えめに言っても地獄を表現してしまった



英語力が、常人を遥かに上回る下振れである。そもそも下振れなのに「上回る」これ如何に───






・スケーパー
・シーアーカイバ
・インフライヤー
コンバーター
ラジエータ

展開途中に必要な小粒。

今までスケーパーの扱いは素引きするとジェネレーターで落とす先が無くなるので「頼むからデッキに居てくれ」と願われ続ける不憫なサイバースだった。


しかし「転生ギミック」の採用により、スケーパー始動であってもトランスに到達するまでにベイルリンクスSS→聖域をサーチしておけば、ジェネレーターでフォクシー落とし→聖域捨てて蘇生、という動きが可能となった。サンキューベイルリンクス

f:id:Cloudian:20190208000859j:plain:w280







・ガジェット
・クロックワイバーン
・ジェネレーター

1枚のみの採用群。今の今まで「2〜3枚」確定の枠だったが、転生ギミックやマイニングにより枠が締め付けられた故の理由


またジェネレーターは、トランス(の着地によるコーデックでのサーチ)で持ってきたいタイミングが初動以外に無いうえ、展開で「必ずサーチする」ので初手に握る意味が無いと判断し、1枚採用となった。







・サイバネットフュージョン

前述した「融合ギミック」の1枚。

最終的にキマイラの回収効果で戻ってくるが、本当に、マジで、絶対に、死ぬほど「要らない」ので、ディサイプルのマリガン効果でデッキボトムに沈むまでが仕事である






おわりに

チーム戦は楽しかったし、転生入りのこの構築が非常にしっくりきた。


「サイバネットマイニング」の登場によりサイバース族の新規全体がパワーセーブされる気がしてならないものの、期待は常に持っておきたい。


またスターター2019では「主人公の新エース!」と判明しているため、薄い希望を抱いておく・・・




以上、ここまで読んで頂き、ありがとうございました!





ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします☺



質問箱もございます。ブログのネタ募集からご意見まで何でもどうぞ→https://peing.net/soospsp

「方界新規」の判明が及ぼした絶大なる影響


↑良ければクリックおなしゃす🐣


覚醒



遊戯王ドットジェイピーが更新された。


それは、膨大なるカードプールに新たなカードが追加される意味合いであり、見ない理由がない





訳分からんテーマの新規だけど、インフレの猛威を受けた超テコ入れ新規だったり。


「あと一押しで環境行けそう」系テーマの新規が来て、期待しながら蓋を開ければくっそ弱かったなんてケースも。



特に、後者は否が応にもワクワクする

続きを読む