くもまもの

くもまものって言うんですけども

【サイバース族】でCSへ参加して体験した「激烈な負け越し」について

はじめに

これは「△△CSにて使用した□□デッキで、ベスト○位に入ったのでその感想や使用感」といった高貴な記事では微塵もない。



調子こいて【サイバース族】でCSに臨み、文字通り爆散したという所謂「反省文」である。




どれほど調子をこいたかと言えば、世間一般における「調子こき率」が70%だとすると、約840%



12倍も、調子こいていた。







しかしながら「調子をこく」ことは即ち「調子づいている」、もしくは「勢いに乗っている」と捉えることもできる

続きを読む

待望のサイバース族「コードジェネレーター」が強い【3つのこと】について

誕生

Vジャンプ11月号にて、サイバース族の新規カード「コード・ジェネレーター」が判明した。




待ち望んでいた。


一般常識の範囲内における「待ち望む」、その範疇を遥かに超えている。








「ふむ・・・あと1分で午後2時か・・・(ドットジェイピ-を開く)」



「こい・・・!こい・・・・・!!」



「あぁ~~~!!!!!!こない!!!」

続きを読む

猛烈な安定性を誇る【ゴミ無しサイバース】について

ゴミの定義


ゴミというのは失礼極まりないが、素引きした場合に「要らない~~!!!」となるカード群。

それがスキッパー、ガベージ、SIMM、RAM
f:id:Cloudian:20180823215825j:plain

これらは、単体では何とも微妙な性能であり、展開途中で絡めることで初めて輝く


故に、これらを削りに削って手札事故を極限まで抑え込む。その利点は

⚫素引きして弱いカードを無くす
⚫毎ターン安定した動きができる

続きを読む

Vジャンプ11月号収録「コードジェネレーター」について

産声

タイトル通りであるが、次号のVジャンプ11月号にてサイバース族新規「コード・ジェネレーター」の収録が決まった。

続きを読む

今期における脳筋テーマ【方界】について

はじめに

「方界」というデッキをご存知だろうか




大方のイメージとしては「ああ、知ってますよ。3000ダメージのやつでしょ。殺意高すぎ(笑)」となるに違いない。



一言一句の違いなく悪辣な殺意が具現化した、一撃必殺に重きを置いた狂気のテーマ。



どこがどう狂気であるかを、シンプルに解説したいと思う

続きを読む

ストラクによる驚異的な「力」を得た【サイバース族】その動き方について

ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」により、爆発的な火力と安定性を手に入れたコードトーカー




そんなコードトーカーを軸とした新たな【サイバース族】だが、

「でもどんな動き?コードトーカーで制圧?」
「チューナーぶち込んだハリ展開やろなぁ」
「サモソウォールからのトロイメアやろなぁ」


その知名度、あまりにも低い



なので
・「サイバースという奇怪な存在を理解したい人」
・「実際組んでるけど回し方に悩んでいる人」
・「全く興味はないけれど折角だし見てやるかという人(この層が個人的に嬉しい。ありがとうございます🙏)」


等の方々に向けて、

・基本的な動き
・各デッキタイプへの立ち回り
・意識しておくこと

などを大まかに解説していく。

続きを読む

三度目のサイバース族デッキ「マスター・リンク」その圧倒的な脅威について~後編~

【サイバース族】・・・・・





それはリンク召喚に特化したテーマ







それは「またサイバース族強化かよwww」と嘲笑われるテーマ








それは・・・






それは・・・・・・・












「二度もストラクチャーデッキを登場させた挙句、一切強くならない」テーマ




登場する度に

⚫サイバース族ってだけで効果読むの止めたw
⚫手札消費がキツイけど展開力はあるかな(思ってない)
⚫環境一歩手前って感じ(思ってない)
⚫あれでしょ、儀式のやつww

といった雨あられの大批判。


これほどまでにサイバース族は追い込まれ、追い詰められ、何を思ったか儀式モンスターの登場。シンプルに、気が狂っている。





しかし来た。三度目のストラクチャーデッキ

期待を胸に、蓋を開ける。

続きを読む