くもまもの

密です!より、密です♡の方が優しくていい

大会解禁後のプレイヤー間における「新たなやりとり」から生じた莫大な疑問

タイトル通りの何者でもないし、素直に従おうという気は満々なのだが。 シャッフルを自身で行うというのは、幾ら相手を信用して進めるカードゲームといっても眉をひそめる。 4伏せしたところをライトニングストームが直撃した際の「眉ひそめ」角度が約80度だ…

戦闘特化リンク1テーマ「機塊」その全貌について

遊戯王VRAINSとは去年放送が終了したアニメーションであり、9月半ばに突如終わってしまい「打ち切りでは?」という声が後を絶たなかった 今となっては誰も彼もの記憶から欠落してしまったVRAINS、覚えているのは「上下左右の矢印を抱えた怪物が居たこと」程…

セット状態の無限泡影が発動された列にカードを発動してしまっただけなのに

前置き先日、身内同士でのADSで擬似フリー対戦会のようなモノをした。 ADSでは「観戦」モードがあるので、パスワードさえ共有すれば対戦を見ることができる。これによりLINEやdiscord等の通話機能を駆使して、ワイワイと喋りながら対戦が行える しかしながら…

ブログネタを募集したら挙げられた題材「かわいいメルフィーと一緒なら怖いお友達もかわいくなるはず!」について

メルフィーとは可愛らしいイラストの集合体であり、眺めるだけで心癒される合法ヤクモツの一種。 その極めて浄化性の高いイラストは、文字通り「どんなモノ」だろうがプラマイゼロにしてしまう。してしまう筈だ 具体的にいうと「気持ち悪いモンスターイラス…

世界に平和をもたらす幸福蔓延テーマ【メルフィー】について

プロローグ大会もないので、新弾「ライズオブザデュエリスト」にて登場した激カワテーマこと【メルフィー】について解説していきたい。これは自然な思考なのだが二番煎じ 二番煎じなのである。「メルフィー」と検索すれば、出るわ出るわメルフィー解説ブログ…

先日ホビチーム戦にて使用した【方界】について、ではなくその結末を書き記した何か

先日、ホビーステーションの3人チーム戦に参加して0-3-1という戦績に終わった。 いかがだったでしょうか。 ホビチーム戦エルドリッチ 〇××エルドリッチ ×〇×サイバー 〇×―サンドラ ×〇×【方界】使ってチーム3-1で2位でした!探さないで下さい pic.twitter.co…

2020年4月制限改訂を極めてイノベーティブかつ多面的な視点で考察していく

ピロンッ♪ 何となくツイッターを眺めていたところ、ドットジェイピーによる「宣告」が下された。 嘘だ。眺めていたなどというレベルではない。20時58分には画面を凝視し始めたし、59分には画面と顔面の距離およそ0ミリになっていた それ程までに、ドットジェイ…

尽くを焼き払う厄災「ドラグーン」その猛威について

ドラグーンというモンスターがいる。このご時世「ドラグーン」と聞くと、恐らくあのカードを彷彿とさせるだろう。 突然「やっw」などと出てきてモリモリとライフポイントを奪い取るムキムキの、ムキムキな融合体

組んでみたら衝撃的な結末を迎えた【罠型忍者】について

↑良ければクリックおなしゃす 発端「マイナーで良い感じのデッキないかな」とツイッターで呟いたところ、フォロワーの方から「忍者どうですか」という提案を頂いた。 「個々のポテンシャルはある」 「エクストラパックで強化された」 「色々な型があるのが魅…

新ゲーム「ラッシュデュエル」が生み出す光と影について

ラッシュデュエルなる概念が、今年4月より誕生しようとしている。 一切のルールは不明だが、コナァミ公式から「こういう感じ」と雰囲気だけは伝えられた。それが以下の通りである 「漠然」という単語に手足を生やしたかの如く曖昧なルール表現。少なくとも書…

ホビチーム戦・レポ

簡潔に書いていくホビチーム戦十二獣 ✕〇〇十二獣 〇✕〇罠バーン ✕〇✕コードトーカー使いました。来年は本当に2020年???— オオニシ (@soospsp) 2019年12月29日 一回戦:十二獣 ✕〇〇 サイコロ負けて、テンキ発動。「月光かな?」と思いきやヴァイパーサーチで…

リンクマーカーは崩壊し、新たなる始まりと共に「存在意義」を失った一つの戦法について

現れろ!未来を導くサーキット! とは、今年9月まで放映されたアニメ「遊戯王VRAINS」の主人公の、リンク召喚時の口上である。 その名の通り未来を導くという、マーカーを繋げていくリンク召喚にピッタリな口上 そんなリンク召喚だが、レベルを合わせる必要…

強テーマ【オルターガイスト】に突如手渡された「手札リンク」とその概要説明

先日登場し「手札からリンク素材になる」稀有な特性をもったオルター新規。《オルターガイスト・プークエリ》 星1/闇属性/魔法使い族/攻 300/守 100 このカード名の、(1)の効果は1ターンに1度しか使用できず、(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できな…

守護竜と世界平和について【遊戯王Advent Calendar14日目】

タイトルにある通り、本記事は「遊戯王Advent Calendar」の企画記事である。カレンダーに沿ってリレー形式でブログを回していこうねという、幸せの象徴ともいえる平和な企画。 「改訂が出ない」などとドットジェイピーに怒りを露わにする殺伐とした現代社会…

ありふれた行為「セット」が人間にもたらす幸福と不幸について

↑良ければクリックおなしゃす 定義「セット」という行為がある。これは盤面にカードを伏せることであり、あらゆる状況下において「不確定要素」を追加する挙動 「カードを1枚伏せて・・・」 この後に連想する言葉は何だろうか。十中八九「ターンエンド!」で…

ここ最近になって爆発的に放出された【サイバース族】新規について

サイバース族とは「遊戯王VRAINS」というアニメィシォンにて登場した種族であり、主人公遊作=藤木が使用する種族である。 カードプールを蓄え続け、OCGにおいても【コードトーカー】というテーマに方向性が固まった。主人公テーマという点にのみ魅力を感じ…

はっちグランドで初めて「未界域」の効果を使用されたレポ

↑良ければクリックおなしゃす ついこの間、「はっちグランド」なる大型大会に参加した。 その時の戦績が4-3だったとか、大事な大会なのに【コードトーカー】という不可解なデッキを持ち込んだこととか。 そんな事はどうでも良く。 初めて【未界域(オルフェゴ…

一週間前に隕石の初体験をしてマインドクラッシュした

↑良ければクリックおなしゃす タイトル通り以外の何物でもないのだが、ちょうど先週頃にニビルを食らった。 「別に不思議でもない。ニビルは、あまりに過剰な展開を抑止する為にも必要」 それは疑いの余地なくそう思う。 そう思うが、筆者はそれが初めての「…

隕石落下を前に、気の触れたサイバース族テーマ【コードトーカー】に出来る事とは

コードトーカーとは理解不能な「サイバース族」たる種族で塗り固められた、類を見ない効果なんすかテーマである。 その動きとしては、エクストラゾーンを略奪してニヤニヤと笑う最悪の戦法「エクストラリンク」 エクストラリンクをして、ただニヤニヤするだ…

満を持さずして登場した第4の手札リンク「コード・エクスポーター」について

はじめに 当ブログを開いて頂き、感謝の極みです。初めての方ははじめまして。オオニシと申します さて、いつも読んで頂いている方は「冒頭部分が丁寧が過ぎないか?極めて不快な文脈。極めて不快な文脈以外の何物でもない」と思われるかもしれません。 この度、…

最強ジャンプ11月号での「リングリボー」収録に伴う事前知識の共有

↑良ければクリックおなしゃす 前置き先程、スターライト速報が更新された。内容としては 「最強ジャンプ11月号」にて《リングリボー》が収録!!! ひどく興奮した。部屋で一人「んおおおおおおおおおおおおおおおおおおお♡♡♡♡♡」と、申し訳ないが叫ばせて頂…

令和史上最強のサイバース族リンク「I:Pマスカレーナ」が及ぼす【コードトーカー】への影響について

プロローグ水曜日の18時55分。それはアニメ「遊戯王VRAINS」が終わり、公式アカウントから「今日のフラゲはこのカード!w」などと嘲笑を含みながら、新弾のカードが判明する時間

明日(6月22日)発売のストラクによって「基盤」を手に入れた【ヴァレット】について

導入新制限が発表され、環境は大いなる変化を遂げた。 「化け物ガンドラXで相手の息の根を止める」それだけが生きがいの【ガンドラワンキル】、ガンドラXそのものが息の根を止められたことで終焉を迎えた。 また、あらゆるモンスター2体でオルフェゴールネー…

遊戯王アニメでコーデックが使われたことの衝撃と、新たなファイアウォールと、普通にアポロウーサの方が強い事実について

↑良ければクリックおなしゃす サイバース族とは、アニメ「遊戯王VRAINS」に登場する髪の色がイカれたキャラクターが操るイカれた種族。 OCGでは【転生炎獣】【コードトーカー】といったデッキが存在し、特に後者は気持ちの悪い挙動を致しながらエクストラリ…

サイバース族テーマ【コードトーカー】における「使いづらいサイバース族」ベスト10

質問箱という「大喜利してね」と言わんばかりのツールでブログネタを募ったところ、こんな質問が届いていた 以前そんなことを言っていましたし、今度こそ書こうと思います。マジで。本当に。余裕っしょ。yeah #peing #質問箱 https://t.co/h5bytQjDiB— オオニシ …

ブログを書きたいが書く事がないので現在の欲望を「店舗戦で権利取った事実」を隠れ蓑にして懇切丁寧に書

前置きとして、自分は【コードトーカー】という訳の分からないちり紙を使用している。 3月末にはCSで準優勝を果たして、あまりの嬉しさに息絶えた高槻csサラマン ○×―セフィラ ○×○サンドラ ×○○サイドラ ×○×ジャックナイツ ×○○トナメオルター ×○○オルフェ ○×○(…

常軌を逸したサイバース族テーマ【コードトーカー】その全貌について

始動①制限改訂が出た直後の時期それは様々な思考がよぎる無限の可能性を秘めた時期。 「終末制限だし恐竜減ってくれ!」 「何のデッキ組もう…」 「環境変わってないやんけ」 「レダメ死んでファンデッキが回らなくなった!」 特に、改訂後の浮き立ったテンシ…

今期も終わりなので、制限改訂が来ないと何も考えられない

から、早く来いやとソワソワしている。 この至極どうでもいい感情を文章化したいがために、今、文字という名の何かをぶち込んでいる。 ↑良ければクリックおなしゃす さて、本記事の内容としては「カイテイ」「ハヤク」「カイテイ」「ハヤク」と猛打するだけ…

「先攻後攻ダイスで決める」その初体験談

↑良ければクリックおなしゃす あらゆるゲームには「先攻・後攻」が存在する。勿論存在しないゲームもあれど、大抵は発生するであろうどっちから始めるんだ問題を効率的に解決する、極めて理にかなった概念である。 カードゲームにおいてもその概念は存在する…

ガロスCS(2人チーム)のレポを踏まえた【転生入りサイバース】のアレコレについて

前振り「2人チーム戦」というものに参加した。 2月2日の話であり、圧倒的に過ぎている。「情報は新鮮さが何たら」というが、新鮮もクソもない さて、真っ先に疑問に浮かんだのは「チーム1-1だったらどうすんだ」問題 これに関しては「勝った際のチームメンバ…